カテゴリ:

NATU、およびHaruの服が正常に着用できない不具合がありました。
本体のScale値に服が自動で追従する「Include Scale」という機能がソフトウェアで標準追加され、こちらが元より本体に仕込んでいたものと重複して、追従している事が原因での不具合となります。

~下記参照~

2011年2月1日
全製品・フリースタッフを3.1へアップデートし「NATU Ver 3.1 SET」となる。
Daz Studio 3とCarrara 8に対応。
"Auto-conforming and conforming with joint scaling"機能を追加・対応。
※Natu Ver 3.1の体型のスケールの変化に服が自動追従する機能。


SR2適用状態のPoserで服を再セットアップすると正常に動くようになりますが、AbdomenSizeやChestSizeなどの記述が自動的に削除されます。Poser 2014 SR2以前のバージョンでは本体のScale値に服が追従しなくなりますので、別途保存してご使用下さい。また、プロップのジオメトリーを読み込む一文の記述が削除(パラメーターからは使用可)され、ボーンオブジェクトとして残ります。

~現時点での解決策~
①服に仕込まれている○○Sizeを削除する。
CR2Builder等、専用のエディターを使用しての一括削除。
Poserで削除する場合はパラメーターの表示と、パーツ毎に削除する必要あり。
②標準体型で使用する。又は本体の○○Sizeを使用せずにScaleで調整する。
③SR2適用状態のPoserで服を再セットアップする。
④Poserを再インストールして、SR2を不適用。

ソフトの仕様に合わせた方が一番良いと思うのですが、Include Scaleだと、体型サイズの変更値差が大きい程、本体と服の腰や胸周りにずれ、また、これらの回転時に若干のずれが生じてしまうので、原因を調べています。アップデートも考慮していますが、ソフトウェアの次期バージョンアップでの改善・変更される可能性があるので下手に触らず、少し様子を見たいと思います。

DSの進化が素晴らしいですね。私も少しづつですが移行しています。Genesisで何か作ってみたいな。